長崎紀行 Ⅰ 崎戸島 昭和小学校跡
e0252879_1242324.jpg

二年ぶりの生まれ故郷、崎戸島、 廃校になって40年くらい、
雑草や雑木が生い茂って立ち入れなかったのを崎戸のお友達が15日かかって伐採、
経ちいれることができました。

e0252879_124244.jpg

木造校舎のあった峰のてっぺんから降りてきたところの廊下です。

e0252879_124575.jpg

3階の窓から、蛎の浦あたりが見えます。

e0252879_1244921.jpg

屋上への階段部分、萱が生い茂っています。子供の頃、この鋭い葉で指を切りました。

e0252879_1252341.jpg

かつて通っていた小学校、当時は鉄筋の校舎が白く輝いていたのに、人がいなくなるというのは寂しいですね。

e0252879_12155635.jpg

道すがら、桜が満開になっていました。

崎戸島は石炭が黒いダイヤと言われたころ、明治から続く炭鉱として良質の石炭を算出していました。
まだ豊富な石炭が眠っているとのことですが、石油にとってかわられ閉山?(海底ですが)へと、
私は小学1年生の冬に東京へと引っ越していきました。

崩壊の危険があるということで、ここ数年で残っていた岬の白いアパート群も、独身寮も、てっぺんに木の生えていた大煙突も取り壊されてしまいました。

今は緑のこの島ですが、島全体に鉄筋の白いアパートや木造の社員住宅がグランドや商店街、学校や病院の建物を取り囲むように建ちならんでいました。
その向こうに広がる青い海と空と、子供たちには天国みたいなところでした。

人がいるということ、居なくなること、その歴史を思いめぐらしました。
[PR]
by miyakoimai | 2012-04-06 12:26

2006年から描き貯めた京都の四季の風景と、写真をご紹介していきたいと思います。お問い合わせ enfantfames17@yahoo.co.jp
by miyakoimai
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
水彩画
京都
奈良
人物
滋賀
静物
九州
タグ
外部リンク
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
2014年カレンダー
at 2013-11-20 21:09
冬の金閣寺
at 2012-12-04 11:13
時代祭
at 2012-12-04 11:13
平等院鳳凰堂
at 2012-12-04 11:12
祇園祭
at 2012-12-04 11:10
ファン
ブログジャンル
アート・デザイン
画像一覧